トミーとゆずの観察日記

1月16日はトミーが虹の橋を渡ってから 「百か日」の日でした。

1月16日はトミーが虹の橋を渡ってから「百か日」の日ということでお花を飾り、トミーがいつも食べていたごはんと大好物だった「ちゅ~る」を供養しました。

ゆずも一緒に供養してくれました。

ちょっと緊張感が足りませんが…(;´▽`A“

●百か日とは?

百か日(ひゃっかにち)命日も含めて100日目。
百か日法要とは別名で「卒哭(そつこう)忌」とも呼ばれています。「哭」の漢字には声をあげて泣くという意味があり、「卒」はそれが終わるという意味のようです。死後100日が経過し、悲しみを乗り越えてそろそろ泣くことを辞めるのが、この「百か日」の頃と言われています。

法要を営む日

忌日法要
初七日(しょなのか) 命日も含めて7日目
二七日(ふたなのか) 命日も含めて14日目
三七日(みなのか) 命日も含めて21日目
四七日(よなのか) 命日も含めて28日目
三十五日(さんじゅうごにち) 命日も含めて35日目
六七日(むなのか) 命日も含めて42日目
四十九日(しじゅうくにち) 命日も含めて49日目
百か日(ひゃっかにち) 命日も含めて100日目

 

年忌法要
一周忌 命日から満1年目
三回忌 命日から満2年目
七回忌 命日から満6年目
十三回忌 命日から満12年目
十七回忌 命日から満16年目
二十三回忌 命日から満22年目
二十七回忌 命日から満26年目
三十三回忌 命日から満32年目
三十七回忌 命日から満36年目
四十三回忌 命日から満42年目
四十七回忌 命日から満46年目
五十回忌 命日から満49年目
百回忌 命日から満99年目

 

●百か日には何をする?

一般的には人間と同じように法要を行います。
法要とは家族や近親者などが集まり、亡くなったペットの冥福を祈る行事です。ペットとの在りし日を偲びながら思い出を語る行事でもあります。火葬後に一旦自宅に遺骨を持ち帰り四十九日や百か日、一周忌などの忌日に納骨する方も多いようです。

●あとがき

長いような短いような…
100日経った今でも悲しみは薄れていません。あっという間に月日が流れたなという感じです。率直にもうトミーには100日も会ってないんだな…という思いが強い感じがします。
「百か日」が過ぎましたが、お骨はまだしばらく間は手元においておきます。

 

ちょうど1年前のトミーは、よくこんな感じで薪ストーブの近くでお昼寝していました。

にほんブログ村 猫ブログ スコティッシュフォールドへ
にほんブログ村☝ 1日1回ポチッと!していただけると嬉しいですσ(=^‥^=)
(ブログ村の猫ブログ人気ランキングに参加中です!!)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)