トミーとゆずの観察日記

ゆずの健康診断「ペットドック」に行ってきました!

いつもお世話になってる動物病院では冬季の間に「ペットドックキャンペーン」をしていることもあり、いつもよりもちょっとお得に検査できるということもあり予約を入れ受診してきました。
昨年はトミーの件でバタバタしてたこともあって1年ぶりとなりました。
今回検査したのは、「レントゲン検査」「エコー検査」「血液検査」「尿検査」です。

●ペットドックとは?

人間でいう健康診断の「人間ドック」みないなものですね。
猫の年齢は人間に例えると1歳半をすぎると4歳ずつ歳を取っていくと言われていますので、ペットたちの健康を守るためにも必要な検診ですね!

●ペットドックって必要なの?

トミーのこともあってか余計にゆずの健康には気をつかうようになりました。
ペットの平均寿命が延びてきたことにより人間と同じような病気も増えているということです。

アニコムによると
・慢性腎臓病
・腎不全
・膀胱炎
・猫の胃炎
・胃腸炎
・腸炎
・心筋症
・猫の結膜炎
・糖尿病
・尿石症
などがかかりやすい病気として書かれていました。
猫は我慢する動物のため、病気の初期状態ではほとんど気づかないと言われています。気づいたときにはかなり症状が進行してることが多いそうです。そうならないためにも早期発見、早期治療ができるように受診しておきたいですね。

トミーの場合は1歳の時の検診で「心臓の病気」が見つかり、気がつかなければ余命は1年と言われていました。早期発見することができ治療をはじめたおかげで結果的には5歳で亡くなりましたが、もっと早くお別れしていたのかもしれませんでした。

●ゆずの「ペットドック」の流れは?

当日の流れは病院によっていろいろあるかと思いますが、今回のゆずが受診したのは、日帰り検査で午前中に預けてその日の午後にお迎えに行き説明を受けるという流れでした。

1週間ほど前に予約の電話をし、希望的には平日だったのですが、最短でちょうど日曜日が空いているということで日曜日に予約を入れました。しかし日曜日いうこともあり混んでおり預けるまで待ち時間で1時間半ほどかかりました。
預けてからは一旦帰宅し、午後4時頃に迎えに行きました。説明を受け帰宅するまで1時間半ほどかかり、結局一日いっぱいかかった感じとなりました。

ゆずもかなり疲れたのか帰ってきてからはぐっすり寝ていました。

●ゆずの「ペットドック」の検査結果は?

前回の検査の時にも腎臓と心臓に様子見レベルの所見があったのですが、今回も同じレベルということで治療まではいきませんが、今まで通りの食事療法と悪さをしないためのサプリを服用してみようということにしました。気になる場合は時間をおいてから精密検査をしてみてもいいかもしれませんということだったので、ちょっと様子を見ることにします。

●もしものために「ペット保険」って必要かな?

このペット保険に関しては、何が正解で何が不正解なのかは分かりません。
ペット保険の広告を見れば、入っておかないと大変!みないな感じで広告がつくられていますが、正直安いものではないですし、年齢が若い病気のリスクが低い時は掛け金も安いですが、高齢になるにつれて掛け金も上がります。
万が一病気が見つかり、時には手術などで多額の費用がかかるといった場合には、保険に加入しててよかったと思うかもしれませんが、こればかりはなんとも判断が難しいかと思います。

我が家の場合は、トミーは保険には入っていませんでした。なので1歳に病気が発見されて5歳までの間はそこそこ治療費がかかりました。
ということもあり、ゆずの場合は「楽天ペット保険」に1歳の時に加入しています。
詳しくはまた後で書いてみたいと思います。

●まとめ

ということで、年一回の健康診断「ペットドック」に行ってきました。結果の説明を聞くまでドキドキで大きな病気が見つからなきゃいいなという気持ちでしたが、猫の健康状態を知るにはいい機会だと思いました。
トミーのこともあったので、ゆずにはできるだけ長生きして欲しいですし、健康には気をつかっていきたいと思っています。
みなさんにも愛猫の健康のために「ペットドック」おススメです!

にほんブログ村 猫ブログ スコティッシュフォールドへ
にほんブログ村☝ 1日1回ポチッと!していただけると嬉しいですσ(=^‥^=)
(ブログ村の猫ブログ人気ランキングに参加中です!!)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)